新着情報

新着情報

歩き方のポイント

最近、涼しくなり健康のためにウォーキングを再開された方やこれから始めようとされる方が増えてきて喜ばしい話をお聞きします。

ですが、中には歩いて腰痛、膝痛が発症して歩くことに対して抵抗感を持たれている方もいます。

                      不安

前回お伝えしたように股関節の固さが原因であるのかもしれませんが、皆さんは普段の自分の歩き方を気にされてるでしょうか?

姿勢と同様に歩き方も注意しなければ負担が積み重なって痛みに繋がることがあります。

なので、今回は歩き方のポイントをお伝えしますね。

 

 

1.軽く膝を曲げて歩く

まず、歩く際に膝を曲げているでしょうか。街中では膝をまっすぐ伸ばしたまま歩いている人をよく見かけます。膝をまっすぐ伸ばしたまま歩いてしまうと着地の衝撃が膝への負担になります。着地時に膝が軽く曲がっているかを確認してみてください。

コツとしては膝のお皿をやや外側に向けるように足を前に出すことです。

                       歩行 膝曲げ

 

2. “3点歩行”と“重心”が大切

膝に負担をかけない歩き方をしている人は“重心”と“3点歩行”が安定しています。歩くとき、重心がいろいろな方向に行っていませんか?安定した足裏は重心が真ん中になっているものです。真ん中以外に重心が傾いてしまうと、膝に余計な負荷がかかってしまいます。かかとからつま先と、上手に重心移動するようにしてみましょう。

また、重心を真ん中に持って行くためには“3点歩行”が大切です。3点歩行とは、足の指・指のつけ根・かかとの3点がしっかり地面についている歩行になります。まずは立位の時にこの3点が地面についてるか気にしてみましょう。この3点がしっかり地面についていなければ、重心が傾いてしまうので要注意です。よくありがちなのが、足の指がつけていない2点歩行になります。2点歩行で歩いていると、外反母趾(がいはんぼし)や浮き足になるので注意が必要です。

 

 

3.背筋はまっすぐに意識する

正しい歩き方は“姿勢”も深く関係しています。歩いているときの姿勢は必ず“背筋がまっすぐ”です。背中が前のめりになったり、反るような姿勢は膝に負担がかかってしまいます。背筋をまっすぐ伸ばし、おしりを締めてください。そして、常に頭の上から糸でひっぱっているような意識を持っておきましょう。糸でひっぱっているイメージをしていれば、自然と背筋がまっすぐになりやすいと思います。

また、腕を振ると歩きやすいので腕はしっかりと振りましょう。

                        まっすぐ

 

 

 

3つのポイントをお伝えしましたが、これだけで全員が正しく歩けるかといえば

そうではありません。歩き方は意外と複雑で人それぞれに指摘するポイントも変わってくることもあります。全てを文字で説明することは難しいので、もし自身の歩き方を気にされているのなら、まるふく整骨院で直接確認して改善点をお伝えすることができますので

お気軽にご相談ください。

健康のため正しく歩けるように頑張っていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まるふく整骨院

ご予約・お問い合わせ アクセス

〒661-0035 兵庫県尼崎市武庫之荘1-2-3