新着情報

新着情報

夏のギックリ腰にもご注意を

8月になり本格的に暑くなってきましたが皆さんは夏バテ大丈夫ですか?

夏バテ、熱中症、夏には気を付けることがありますがこの時期、前からお伝えしている腰痛

とくにギックリ腰にも気を付けてほしいのです。

 

ギックリ腰は冬に多く発生しやすいのはたしかです。では、夏ならいいのか?というと、そうとも言い切れません。

原因は色々ありますが今回はふたつに分けてみました。

 

ひとつめは、暖かくなると関節・筋肉の可動範囲が広がるため、急に身体を動かし過ぎることです。冬から春へ、春から夏へ向かって、気温はドンドン上昇して行きますが、体はその変化について行けないことが、しばしばあります。まだ完全に関節・筋肉がほぐれていない状態で、無理に動かすと体がついてこれず、腰痛を引き起こしやすくなります。その結果が「ぎっくり腰」として現れることがよくあります。

                        ぎっくり

ふたつめは、真夏の冷房です。40℃近い室外と27℃の室内を行き来していると、冷えと熱さの繰り返しとなり、体に大きな負荷がかかります。また、暑い夏は冷たい飲み物・食べもので、体を内側から冷やしてしまいます。結果的には、冬と同様に体全体を冷やすことになり、腰痛を誘発してしまいます。夏にも体の冷えには注意してください。

            アイス   冷たい飲み

 

とくに多いのがふたつめの原因、冷房によるものですね。

冷房による体の冷えは我々の血流を悪くしてしまいます。血流が悪くなることで、筋肉に酸素や栄養が行かなくなり、乳酸などの老廃物が溜まりやすくなってしまいます。

そのため、お尻や腰の筋肉に疲労が溜まって硬くなり、ぎっくり腰に繋がってしまいます。

                        エアコン 冷え

しかし、この時期に冷房無しの生活は難しいと思いますので部屋の中は冷やしてもらっても大丈夫です。

そこから気を付けてもらいたいのが…お腹を冷やし過ぎないことです。

体の内側、内臓を冷やしてしまうと前述したようなことが起こりますので冷房の温度を調整したり、寝る時はタオルケットをお腹に掛けるなど少し工夫してみてください。

暑いですがシャワーで済まさず入浴するのも予防につながりますよ。

 

 

 

冬のギックリ腰も夏のギックリ腰も、体が冷えて筋肉が固くなって無理に動かしてしまうと症状がでてきやすいので冬も夏もなるべく冷やし過ぎないように注意してください。

まだ夏が始まったばかりで暑い日も続きますので熱中症と同じくギックリ腰にも気を付けてくださいね。

 

 

まるふく整骨院

ご予約・お問い合わせ アクセス

〒661-0035 兵庫県尼崎市武庫之荘1-2-3