新着情報

新着情報

寝起きから万全に

当院に治療に来られている患者さんで「寝起きがしんどい」「寝ても疲れが取れない」

というお声をよくお聞きします…

睡眠は人間が健康に過ごす為に絶対に必要なことです。反対に睡眠が取れていないと本来寝れば回復するはずの筋肉や内臓が回復せず、常に体に負担をかけ続けている状態になってしまいます。

ですが、わかっていても改善の仕方がわからない方もいますよね?

少しまとめてみました。

 

 

寝起きに身体が辛い原因

朝に体がだるかったり重かったりして寝起きが良くないときの原因は、睡眠の浅さなどが関係しています。

・歯ぎしりをすることが頭痛や肩こりの原因になる

・ストレスが溜まって筋肉が常に緊張状態になる

・アルコールの摂りすぎによって自律神経が乱れる

などで、深い睡眠がとれていない、ストレスや飲酒などの日常の活動によって翌朝まで体のだるさや重さが残されることが多くあります。

                            寝起き

さらに寝起きに体が痛くなる理由は筋肉にもあります。

ご存知の通り背中には背骨を支えるための筋肉があり運動不足や同じ姿勢でいる事が続くと筋肉が弱くなり背骨が歪み筋肉が固くなり痛みを発症します。

また、体勢によって寝返りが打てない場合があり、ずっと不自然な姿勢で眠ってしまうことがあります。そうなると体に負担がかかり痛みが出ることがあります。

 

 

寝起きの腰痛・・日常生活で気をつけるべきこと

寝起きで腰が痛くなるのは寝ている間に筋肉が硬直しているためですが、それを防ぐために人間は寝返りを打ちます。

しかし、運動不足で普段から筋肉を使っていない場合は寝返りが打てないこともあります。

 

 

・軽い運動を習慣づける

運動不足で寝返りが打てない場合、寝返りをできるように動きをつけることが重要です。

スクワットやウォーキングなどの軽い運動を習慣的に行うようにしましょう。

自分のできるところから少しずつ始めてみてください。

 

 

・寝る前の2時間は食事をとらない

食事はなるべく寝る2時間前にまでに済ませましょう。

食後すぐ寝ると消化器官の働きが悪くなり、内臓に負担がかかります。

すると、腰や背中の筋肉が緊張した状態となり、血行不良から痛みが現れるのです。

               夜食事          注意

寝る直前に食事をとらないことが腰痛を防ぐことにつながることもありますよ。

 

 

・ストレスを溜めない

ストレスは全身の血流を妨げ、腰回りの筋肉を落とす原因となります。

自分に合ったストレス解消方法を見つけ、ストレスを溜めない生活を心がけて下さい。

                               ストレス解消

ご自身の趣味の時間を作るのもいいかもしれませんよ。

 

 

 

今回まとめた内容だけが全てではありませんが、これを見た方はご自身に心当たりはありませんでしたか?

睡眠を取ることで体も楽になりその日一日も調子よく過ごせると思います。

ご自身のためにもよく睡眠を取れる習慣を作りましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まるふく整骨院

ご予約・お問い合わせ アクセス

〒661-0035 兵庫県尼崎市武庫之荘1-2-3