新着情報

新着情報

年代の筋肉

皆さんは現在のご自身の筋肉のことを考えているでしょうか?

年齢を重ねると肌が少しずつ衰えていくように筋肉にも衰えを感じている人もいると思います。

一生のうち、筋肉量が一番多いのは成長期を終えた20歳前後と言われています。

その後は30歳から50歳までの間に1年で約0.5%の割合で筋肉は減少していきます。

50歳以降はさらに体を動かすことが少なくなるためか、1年に約1.0~2.0%の割合で筋肉の減少は進むとも言われています。

                        筋力低下

 

こうして自分知らないところで筋肉量が減少し体に負荷が掛かり腰痛や肩こりなどが起こりやすくなります。

しかし筋肉を鍛えると言ってもどこからどうすればいいのかわからないと思います。

なので今回、年代に分けて大まかにですが筋肉のポイントについて紹介していきますね。

 

 

20代は全身バランスよくを心掛ける

 

20代はまだまだ筋肉量が多く、普通の生活をしていれば大幅に筋肉が減るということはありません。

しかし、10代のうちから無理なダイエットをしたり、あまり運動をしてこなかったという場合は筋肉のバランスが悪くなっている可能性があります。

全身の筋肉をバランスよく鍛えておくことで、その後の年代で起こる筋肉の衰えをかなり防ぐことができます。

20代のうちは、できるだけ全身の筋肉を満遍なく使う運動をしておきましょう。
多少ハードな運動でも大丈夫です。

 

 

30代はお腹まわりと体幹を鍛えておく

 

            ぽっこりお腹

 

30代になると筋肉の衰えを実感する方がでてきます。

まず真っ先に変化に気づくのは「ぽっこりお腹」かもしれません。

男性・女性ともに腰痛を意識し始めるのもこの年代が多いです。

また女性の場合は、お尻が下がってきたな・・・とか、二の腕がたるんできたな・・・と感じるのもこの年代です。

                          二の腕

30代で鍛えるべきは、お腹まわりと体幹です。

腹筋や背筋を鍛えておくことで、ぽっこりとお腹がでることや腰痛を防ぐことができます。40代に入っていきなり健康診断でメタボと言われないためにも、30代のうちに鍛えておきましょう。

 

 

40代は後ろ姿に要注意

 

30代の頃からぽっこりと出始めたお腹に気を取られていると、いつの間にか背中にぽってりとお肉がついていたり、お尻がだるーんと下がっていたりするのが40代です。

                        お尻

自宅でふと鏡に映った姿をみて、背中が丸まっていることに驚いたりするのもこの年代かもしれません。

四十肩という言葉もあるように、肩こりがひどくて腕が上がらないという症状に悩まされる人も出てきます。

40代からは後ろ姿を意識して鍛えるようにしましょう。

 

 

一番の理想はもちろん全身をバランスよく鍛えることです。ですが、昔ほど動けない人や時間がない人も当然いますよね。そんな方はまずは今回の内容を参考にして筋肉を意識してはどうでしょうか。

筋肉は自分で頑張らないと身につきません。テレビや雑誌で紹介されている筋トレから始めるのもいいと思います。

まずは自分のやりやすいことから実践してみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まるふく整骨院

ご予約・お問い合わせ アクセス

〒661-0035 兵庫県尼崎市武庫之荘1-2-3