新着情報

新着情報

反り腰の原因。

こんにちは。

皆さんは反り腰という言葉を一度は聞いたことがあると思いますが詳しい状態、原因はご存知でしょうか?

反り腰とは骨盤が前傾していて、自然と重心が前のめりになり、身体はそれを直そうとして腰を反らせて立とうとします。

                          反り腰

 

また、本来の体の正常なS字を維持できなくなっている状態を指し、胸元が前へ出て、腰が極端に反りお尻が出てしまっている状態が特徴です。さして太っているわけでもなく、お腹の脂肪が多いわけでもないのに「ぽっこりお腹になりがちな方」「極端にお尻が目立つ方」は反り腰の可能性が高いかもしれません。
反り腰は腰やお尻、背中の筋肉に無理な負担をかけるため、腰痛や坐骨神経痛、背中の痛みの原因の一つとなります。

 

 

反り腰になってしまうその原因とは

 

原因は様々あるかと思いますが1番多い原因は、普段の生活で運動をする習慣が減ったことによる運動不足が原因だと思われます。昔と比べて歩く頻度が減っているという方も多いのでは無いでしょうか?

そして地方に行けば行くほど移動はもっぱら自転車や車という方が多いので余計普段から歩くという習慣が少なくなっているかもしれません。

実は普段からこの【歩くという行動】をしていない影響により、反り腰の方が多くなっています。

 

 

運動不足により筋力低下が反り腰を招く

 

反り腰になる原因は足の上げ下げに使う筋肉(大腰筋)が大きく影響しています。

大腰筋は腰の骨から足の付け根の内側にかけて付着している筋肉で、主に足の上げ下げに使われる筋肉で歩く際に使う筋肉です。(詳しくは過去のブログで紹介した大腰筋を見てくださいね。)この大腰筋の筋力が弱くなると股関節を内またの状態にします。

                            内股

 

股関節が内またの状態では身体(腰)は不安定なので身体の安定を保つために背中側にある筋肉が過剰に働くことになります。そして筋肉が過剰に働くことにより腰はやがて腰が反り過ぎてしまうとなってしまうのです。

 

 

ハイヒールと反り腰

 

女性で反り腰が多い理由の一つですね。

ハイヒールを履くとつま先に体重がかかり、前重心になり前傾姿勢になります。

前に倒れないようにバランスをとろうとして腰を反らせるので、自然と反り腰になってしまうのです。

      ハイヒール つま先   

仕事でハイヒールを履くことの多い人は、仕事以外ではなるべく運動靴など歩きやすい物を履き正しい姿勢を意識してみましょう。

 

 

反り腰はスタイルが悪くなり、腰痛の原因になります。

毎日デスクワークをしていたり、ハイヒールを履いている女性は、反り腰になりやすいですので、自分が反り腰だということに気づいたら立ち方を意識し歩くことも増やせるようにしていきましょう。

反り腰が治る事でスタイルだけでなく疲労感、痛みがなくなり生活が変わるかもしれませんよ。

 

 

 

 

まるふく整骨院

ご予約・お問い合わせ アクセス

〒661-0035 兵庫県尼崎市武庫之荘1-2-3