新着情報

新着情報

今年もよろしくお願いします。

あけましておめでとうございます。

皆さんは良い新年を迎えることができましたか?

1月4日からまるふく整骨院も診療を開始し、新年をスタートしました。

年末年始でお身体に気になる所ができて悩まれてましたらお気軽にご相談ください。

本年もどうぞよろしくお願いします。

 

皆さんは腰痛で医療機関へ行き、原因となっている筋肉を聞いたことがありますか?

人それぞれ原因は変わってきますが最近耳にきくのが大腰筋という筋肉です。

 

大腰筋は背骨と脚をつなぎ、インナーマッスルと呼ばれるカラダの深層の筋肉です。

(インナーマッスルについては過去のブログを見てくださいね。)

近年健康を意識する方々に注目を集める筋肉でもありますが、この筋肉が腰痛の原因の一つでもります。

                        大腰筋

 

 

大腰筋は太ももを上げたり、骨盤を起こし、良い姿勢を保とうとするときに働きます。また、きれいに歩いたり走ったりするときにも大切な筋肉でありその大腰筋が柔軟性を失ったり、筋力が低下すると本来の働きが出来なくなります。

 

大腰筋が柔軟性を失った場合…

大腰筋が一番縮んだ姿勢は、座った姿勢です。長時間のデスクワークや車の運転などを日常で多くする機会が多いと、大腰筋が縮んだ状態が続き硬くなって柔軟性を失います。そうなると、大腰筋が付着している背骨を引っ張って結果反り腰が強くなっていきます。反り腰になると背骨に過度のストレスがかかって腰痛となります。 

      座り           運転

 

 

大腰筋の筋力が低下した場合…

運動不足で大腰筋の筋活動が低下したり、骨盤の歪みなど身体の歪みで大腰筋が収縮しにくい状態が長期にわたると大腰筋が筋力低下を起こします。

そうなると大腰筋は背骨を安定させる働きがありますが、十分な筋力が発揮できないので背骨が不安定になり他の筋肉が代わりに過度に頑張ろうとして背骨を安定させるため腰痛が起こりやすくなります。

 

 

大腰筋が原因の場合

  • 長時間座ってから立ち上がると腰が痛い。
  • 体を後ろに反らすのがきつい
  • 腰が反っていて、背骨がつまるような違和感がある
  • 寝ると布団と背中の隙間があり、手が入る
  • 痛みの種類は、針で刺されたような鈍い痛み。
  • ぽっこりお腹に最近なってきた
  • お尻が下がっている。

など当てはまることがあれば大腰筋が原因かもしれませんね。

 

 

ちなみに、内臓が影響している場合もあります

大腰筋は、腎臓や腸など内臓の後ろ側に位置しています。冷たい食べ物を日常的にとっていると内臓は冷えてしまいます。そうなると連結している大腰筋も冷えて硬くなってしまします。結果、上で説明した大腰筋が硬くなったことによるメカニズムで腰痛になることもありますますよ。 

           冷たい食べ物           腹痛 白黒 

 

 

新年を迎えてお仕事が始まっている方がほとんどだと思います。

早めに生活のリズムを取り戻して調子のいい体を作って行きましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まるふく整骨院

ご予約・お問い合わせ アクセス

〒661-0035 兵庫県尼崎市武庫之荘1-2-3