新着情報

新着情報

もしも痛めてしまったら

こんにちは。

前々回からギックリ腰のお話をさせてもらってますが、皆さん注意できてますか?

注意していても家のこと、仕事などで痛めてしまった・・・という方もいるんですよね。

早めの治療が一番なのですがどうしても医療機関へ行けないということもあるかもしれません。痛みがでてパニックになることもありますが実は自宅でも応急処置はできますよ。

今回はそのことについてお話をしますね。

 

 

 

とにかく安静にする

 

ギックリ腰になってしまったらまずは安静にしましょう。自宅であるならば腰に負担をかけないように壁伝いに歩いて横たわれる場所まで行き、腰に負担のかからない体勢で横になります。また、家族がいる場合は手を借りて横たわらせてもらいましょう。

ギックリ腰の応急処置の寝方は、痛む方を上にして横向きになるのがいいですよ。また、背中を丸めて膝と膝との間にクッションや丸めた毛布などを挟めれば更に腰の負担を軽減できます。

                    横向き

 

 

痛む部分を冷やす

 

ギックリ腰では患部に炎症がみられる可能性も考えられ、熱感を確認できることもあります。炎症の痛みを抑え緩和させるためにも、なるべく早めに患部を冷やしましょう。

発熱の際に使われる、変容タイプの冷却枕やアイスパック、また、氷嚢や水をくぐらせた氷を数個ビニール袋に入れたものを用意します。直接冷やすと皮膚を傷めてしまうかもしれませんので、タオルを介したりハンカチを巻くなどしてください。冷却アイテムが用意できたら患部へ約10分間当てましょう。血管を収縮させ痛みを和らげます。

                      無題

 

 

コルセットをつける

 

ギックリ腰なった場合、2~3日は安静にしているのがいいのですが、どうしても動かないといけない場合があるかもしれません。そういう時はコルセットを使いましょう。

コルセットの効果は、腹部を適度に圧迫することで腹圧を上げ、身体の内側から腰を支える腰椎への負担を軽減する役割を果たします。

そうすることにより、腰回りの筋肉がサポートされ、痛みがでないような姿勢を保つことも可能になります。

                      コルセット

 

 

急性的な痛みには温めるのは逆効果

 

ギックリ腰になった直後は、炎症を起こしている状態です。患部を冷やして血流を減少させ、炎症を抑えることが出来るのですが、逆に温めてしまうと患部の血液循環が活発になり、炎症反応が強くなってしまい、結果的にとてつもない痛みがでることがあります。

なので、ギックリ腰になった直後は患部を温湿布などで直接温めるのはもちろん、お風呂やサウナも避けた方がいいですよ。

またギックリ腰になった直後は飲酒を控えることもお勧めします。お酒は血行を促進させ、体を温める作用があるため、痛みが引くまではお酒は避けた方がいいですよ。

 

               入浴2           ビール

                                ストップ

 

ちなみに温めるのは痛みのピークが過ぎ、日常的な動作が出来るようになってからです。

体を動かして痛みがでなければ炎症が引いていますので、そこからお風呂に入り温める処置に切り替えても大丈夫ですよ。

 

 

 

今回お伝えしたギックリ腰の処置はあくまで応急的なことです。症状の強い方はこの処置でも痛みが消えないこともありますので、もし突然のギックリ腰になってしまった場合は早めに医療機関へ受診しましょう。

 

まるふく整骨院でもしっかりと治療させていただきますのでお悩みの方はご連絡を。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まるふく整骨院

ご予約・お問い合わせ アクセス

〒661-0035 兵庫県尼崎市武庫之荘1-2-3