新着情報

新着情報

冬の原因

こんにちは。

10月も終わり本格的に寒くなる季節になりましたね。

体調を崩しやすい時期でもありますので手洗いうがいを忘れずにお体には十分気をつけてくださいね。

 

今回は前回に引き続きギックリ腰のお話、冬の原因についてお伝えしていきます。

 

 

血流が悪くなる

 

気温が下がると身体の体温が下がり血管が収縮し身体の血行が悪くなってしまいます。

血行が悪いとは、身体に血が十分に巡っていないということになります。

                 血液 サラドロ 

身体の中にある疲労物質は血液に運ばれて流され代謝されていくのですが、この作業の効率が悪くなってしまうために、疲労物質が身体の中に溜まりやすい状態になってしまいます。

そうなると、筋肉は硬くなりギックリ腰を引き起こしてしまうのです。

 

また、本来老廃物を排出するのは、腎臓の役割ですが、気温差で腎臓に負担がかかるため、疲労しやすくなります。
それもまた、腎臓は腰骨のあたりにあるので、腰椎周りの筋肉に負担がかかってしまう原因なのです。
すると、腰まわりの筋肉は、普段よりも負担がかかりやすい状態になるわけですから、
ちょっとした負荷で、ギックリ腰になりやすくなってしまいます。

                    腎臓 冷え

 

 

外出や動きが減る

 

冬になると仕事以外の休みの日は1日家にこもっていたり、外出を極力控える人が多いようです。

春や夏などの温かい時には、外出する機会も増えて身体が動かされるので身体の体温が上がり血管が拡がり血行が良くなるという好循環が生まれますが、冬の場合はこの逆で悪循環になってしまいます。

寒いから家にこもるので運動不足になり、さらに血行が悪くなるという具合です。

また、運動不足だと筋肉量が減ってしまうために、身体を支える力が弱くなるために腰痛になりやすくなります。

寒くなる12月から3月ぐらいの4か月もの間、運動不足が続くと筋肉量は確実に減ってしまいます。

                            家でゆっくり

 

 

寒いと身体に力が入る

 

寒いとガクガク震えてしまいますよね?

人間は寒いと身体を震わせて熱を起こそうとする働きがあります。

これを「ふるえ産熱」といいます。

                         ふるえ

震えている時というのは、身体の筋肉に力が入っている状態なので、ガチガチに硬くなっています。

この硬くなった状態で動き出すことがギックリ腰の原因になることがあります。

 

 

これからさらに寒くなり今回紹介した内容、それ以外にもギックリ腰になる原因は出てくると思います。ギックリ腰は早めに治療すればするほど回復も早くなります。

当院でもギックリ腰治療はしていますのでお困りの方は是非ご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

まるふく整骨院

ご予約・お問い合わせ アクセス

〒661-0035 兵庫県尼崎市武庫之荘1-2-3