新着情報

新着情報

子供でも姿勢って…

こんにちは、今回は子供の姿勢について触れていきますね。

 

最近、子供の姿勢についてご相談を受けることが多いです。『子供がいつも座っている姿勢が曲がっているのが気になる』というお悩みなのがほとんどですが、この子供の姿勢が悪くなる原因についていくつか触れていきたいと思います。

 

 

原因1:筋力の低下

     tsukare girl

最近は外で遊ぶことが減り、子供の筋力は昔に比べて低下してきています。

姿勢を良くするには背筋と腹筋がある程度必要なんですが、筋力の低下によって正しい姿勢をとることができず、悪い姿勢となっていきます。

筋力の低下を防ぐためにも、運動をできるかぎり取り入れていきましょう。

 

     

原因2:イスや机の高さがあっていない

 

 

  thE530KHG2

意外と見落としがちなのが、この『イスや机の高さ』です。学習机を購入したときに、お子さんにあった高さにしないと、体で調節しようとします。

結果、前かがみになるなど、姿勢が悪い状態になってしまいます。適切な高さは足の裏がすべて下につき、太ももはイスからはみ出て浮かないようにしましょう。

 

 

原因3:重いカバンを片方の肩だけで持っている

 

    katakori man

 

部活やクラブチームに所属しているお子さんだと、重いカバンを持つことがあると思います。重いカバンを片方の肩で長時間持つと、姿勢が重たいほうに歪んでいきます。

特に細い男の子は注意が必要です。重いカバンを持つときは左右交互にして持つようにするか、リュックなどの背負うカバンにするといいですよ。

 

原因4:靴のサイズがあっていない

     

   

      kutsu haku

子供の成長とは早いもので、靴や服などすぐに着れなくなります。もったいないので少し大きめのサイズの靴や服を買っている方は結構いるでしょう。

服はまだ問題ありませんが、靴のサイズが違うと足元が不安定となり歩き方がおかしくなってしまいます。その結果、姿勢も悪くなっていきます。

買い換えるペースが早くなってしまいますが、お子さんの足のサイズにあった歩きやすい靴を選んであげましょう。

 

他にも原因は様々ありますが、今回はここまでにしておきます。

お子様の将来的な健康のためにもお子様の姿勢を気にしてあげてくださいね。

まるふく整骨院

ご予約・お問い合わせ アクセス

〒661-0035 兵庫県尼崎市武庫之荘1-2-3